車の買取相場はどのくらい?

車を売りたい時に気になるのはその相場。業者に買取をする人も多く、業者も需要がある中古車として販売したいという気持ちがマッチすれば、自分の愛車を高く買い取ってくれるはず。

 

車を1円でも売るためには、相場を知ること。相場を左右するポイントとは何かを掴めば愛車の価値は何倍にもなるかもしれませんよ。

 

 

相場を左右するポイントを掴もう

 

車の買取の相場に左右されるポイントとは一体なにか?
そのポイントは下記のとおり。

 

モデル

 

年式

 

走行距離

 

事故や傷の有無

 

年式

 

カラー

 

オプション

 

以上の7つ。

 

モデルや年式は、現在販売されている車の相場は平均的にも高く、前のモデルの車は比較的に安く取引されている傾向がありますが、人気の車種だったり前のモデルの車に需要がある場合につき今のモデルより高く取引されている傾向です。
業者選びは慎重にいきたいところではないでしょうか。

 

次に事故と傷などの有無は事故もなく、傷もない車のほうが高く買い取ってくれるのは当然のこと。なるべく事故などをせずに大切に運転したいものです。

 

意外な点で車のカラーやオプションも相場に左右されるようで、カーナビの地図は2年おきに情報が更新されるため、新しくオープンしたレジャー施設の情報が入っていたほうが中古車としての価値が高くなるという傾向もあるということ。
カーナビの他にシート、エアロパーツなどにも査定に響くポイントのようです。

 

車のメーカーも相場に響く

 

レクサス トヨタ、スズキ、ホンダ、メルセデスベンツ、ファルックスワゲーン、プジョーなどのメーカーの車は比較的人気が高く、相場もそれなりの値段がつけられています。

 

例えば トヨタの車ならヴイッツ、カムリ、プリウスαが100万から200万円あたりが相場の模様。

 

最近ではフォルクスワーゲンの中古車が人気があるらしく、
相場もトヨタカムリ、ヴイッツαと同じくらいの相場で取引されており、外車メーカーのなかでは相場が安定しているのです。
フォルクスワーゲンと同じ相場なのは、プジョー、アウディです。プジョーは女性が乗りやすい車種として需要が高く、「オシャレにドライブを」のコンセプトは変わっていません。

 

愛車を大事に安全に乗ること

 

走行距離が長いほど相場が下がったりと、車を高く売るのは難しいかもしれません。どの業者がどの点に価値をおいてるのか分からいし、自分が価値がないポイントが業者にとっては価値が高いものと見なしていることもあるからです。

 

そんな時こそ、車の買取一括査定のサイトを使っていろいろな価値感で車を査定してくれる業者を探してみてください。

 

どの業者にも高く買い取ってくれるように、売るまで自分の車を大切に安全に運転やメンテナンスをしておきましよう