車を買取の相場が知ったほうがいい

世の中には知らないほうが幸せという言葉あるように、車の買取の相場の真意を知っているのは業者だけです。

 

インターネットで相場価格を調べることは可能ですが、果たして掲載されている価格は「正の情報」なのか?それともデタラメなのか?それなら自分で調べればいい。
車の買取相場の真実の扉を開ける準備はできていますか。それでは開けていきましょう。

 

 

掲載している相場の価格は鵜呑みにしないほうがいい?

 

業者のサイトに掲載されている中古車の価格から相場を予想するためには、

 

・業者の利益価格=約15.%

 

・仕入れ価格 =約85%

 

上記の数値を覚えておいてください。

 

例えば
2013年式のトヨタプリウスα。走行距離が8万キロの相場は89万円です。

89万円から税抜き価格をだします。

 

89万÷1.08=83万円

さらに業者の仕入れ価格を掛け算します

 

83万円×0.85=75万5千円。

 

結論から、2013年式のプリウスαの相場は約75万円〜76万円あたりではないかと予想ができるということ。
それを可能にするには、車の年式や走行距離を把握する必要がありますのでしっかりと自分の車の情報を把握しておくようにしましょう。

 

何よりも大切なこと

 

上記で自分の車の買取相場を調べる方法を見てきましたが、買い取ってくれるのは業者であり相手はその手のプロ。
傷がついていたり、修理にだした経歴があると自分が予想した相場より「安く」査定される可能性もあることを頭に入れておいてください

 

自分のお気に入りポイントと業者のお気に入りのポイントは反比例しているということ。
例えば、業者が車のカラーがホワイトが欲しいと思っていたら、ホワイトのカーボディの車を高く買いたいと考えています。
同じ車種でもボディーカラーが異なっているだけで、予想していた相場から安い値で査定額が算出されることはよくある話です。

 

あまり期待を多くすると、予想外の展開になったときに「落ち込む」度が高くなるため、どの買取サイトの平均的な相場からだいたい10万円を差し引いた値段が「本当」の相場に近い価格であることを知っておけば、業者との交渉をする経験がなくてもスムーズに運べるはずです。

 

少しの知恵で1円でも高く車を売る

 

いかがでしたか。車を売る時、買取相場を知ることがいかに重要であることかご理解していただけたかと思います。

 

車の買取の相場はデリケートな情報だからこそ、相場を見極める少しの知恵を体得できるようにすると他人より高く車を売れることが可能になるのです。